友達と普通に、下北沢の出会いをみつける

周りには一人で食べるのが苦手な知人や友達が多いようです(* ^。^ *)一人暮らしでも普通の人だと知っていましたが、「ぼっち「トレランステスト」によると、孤独にも強い「面倒くさいクマ型」のようです。
月曜日は休業日でした。

下北沢出会い
雨が激しくて、週の初めから疲れています...下北沢の出会い

夜は日記をつけようと思った
結局、疲れて軽く飲んで寝てしまいました。

ごめんなさい ...
それはかなり有名な物語なので、多くの人はそれを知っているかもしれませんが、私の好きな幽霊の話です。

"蓋"

今は昔話です下北沢の出会い
妻の前に重吉という男がいた
茂吉はボンヤリと一緒に過ごしたが、ある日、好きなパンを祭壇にのせ、ポーチに座って見守っていた。
仏壇から何かを感じ、何度も振り返った。
アザーと雨が土に強く降り続いた
その間、重吉はお腹がすいた下北沢の出会い
祭壇の上に手を置くと、お団子を取り出して蓋を開けました。

雨の足が強くなり、雷のエコーさえも

一つは欠けています...
パンは7つしかなく、8つしかありませんでした下北沢の出会い
重吉は怖がって急いで蓋を閉め、仏壇に向かい「おばあさんですか」と尋ねました。
線香の煙が吸い込まれたかのように祭壇の中に消えます。

おそらく30分くらいだったかもしれないが、重吉は誤解して仏壇の蓋を開けようとしたのではないかと考えた。
1、2、3 、、、、 6
別のパンが消えました
重吉は蓋を閉めて呼吸を調整した下北沢の出会い
老婆のパンが好きだったから...
ふたを開けないでください下北沢の出会い

誰もいない。

コメント