物語に驚いた高円寺の出会い

私は門を打った。

家の主

こんな夜遅くまで、

どなた?高円寺の出会い

門を開けて旅人を歩く

来た足跡を見て私は驚いた。

"幸せですか?

あなたはラッキーマンです。 「


「薄い氷がある

私がいたところに雪が積もった

底なしの湿地高円寺の出会い

そうです。 - 

地元の人々が歩いていないことに驚いたという話。

高円寺の出会い
私はこの物語の中で言われたことの結論が何もなかったと思います。

それぞれが思った内容でした。


これを人生と考えれば

旅行者は私たちです

 

高円寺出会い

 

私は自分の人生に苦しみながら旅をしています。

私はようやく私が見つけた光にたどり着きました。

それは湿地か周りの崖かもしれません

落ちないで
歩いた。

軽く導かれたから?高円寺の出会い

また、沼があることを知っていたら

私は決して歩かないでしょう。

たとえ後ろからクジラが来ても、あなたは湿地の周りを回ろうとするでしょう。

 

しかし、人生は未知であるため、私は歩くことを信じるしかありません。

光に頼る。

光明は先祖です、

守護神、高円寺の出会い


勇気を与える

それは言葉かもしれないと思います。


私を振り返ってみると、私はしっかりした地球を歩んで歩んできた人生ではなかったし、これからも痛みと苦しみを持って行くつもりです。

私は歩いても構わない
正しい。


あなたはいつも導きの光を見ることができるからです。

この物語の中で、私が先に読んだ聖書の章がありました。イエスが湖の上を歩いていたこと、そして驚くべき弟子たちのためにも歩きました。

それに基づいている可能性があります。高円寺の出会い

もし私が

旅行者を振り返って

見てください。

コメント